導入事例

製品開発

マブチハイブリットポールⅡ(製品内)

小型風力発電&ソーラーパネルによる完全自立型の街路灯システム

ポールに設置する機器により、監視システムや無料Wifiスポット、災害監視カメラなど様々な設備を構築できる、完全自立型の街路灯システムに活用。

導入の背景

小型風力発電&ソーラーパネルによる完全自立型の街路灯システム サムネイル写真1

宮城県を中心に学校や病院といった施設の設備工事や、埋設水道管の整備などを行っている「株式会社馬渕工業所」が開発した完全自立型の街路灯にも「ENSUS-2」が使われています。

ポールの突端にある風力発電用プロペラと太陽光パネルにより作り出された電力を「ENSUS-2」に充電することで、街路灯としての活用だけでなく、防犯カメラを取り付けて監視システムを構築したり、災害監視などに役立つ機器、無料Wifi用のルーターなどを取り付けることができます。もちろんすべての電力が自家発電、自家消費となるため、電線のない場所に設置することが可能です。


ENSUS-2を選んだ理由

小型風力発電&ソーラーパネルによる完全自立型の街路灯システム サムネイル写真2

まず何よりポール内に埋め込むことができる適度な大きさで、かつ十分な容量があることです。また、BMS(バッテリーマネジメントシステム)がリチウムイオン蓄電池本体と一体化しているので、非常に安全性が高い点が挙げられます。

導入コスト、利便性、拡張性、サイズ、重量などリチウムイオン蓄電池としての性能全般をみても、他の製品には見られない特長を備えており、将来的には国内の蓄電池モジュールのシェアを大きく変える製品になると感じています。


導入後の効果

小型風力発電&ソーラーパネルによる完全自立型の街路灯システムサムネイル写真3

すでに宮城県内の公共施設内などに複数のマブチハイブリットポールⅡが設置されており、その他にも全国の自治体から、大変多くのお問い合わせをいただいております。

取り付ける機器により自由な活用が行えるため、防災・防犯カメラ用、大雨の際の河川の監視、環境保護、無料Wi-fiスポットの提供など、幅広い用途で活用することが最大の利点となります。将来的にはアジアやアフリカなど、電力インフラの整っていない途上国に向けた海外展開なども検討しています。

購入補助金制度のご案内

ENSUS-2は地球環境に資する先進環境設備として「JMAF財団」の認証を受けており、正規販売店より購入・設置いただいた場合、普及協力金として本体価格の10%(上限3万円)が購入者へ支給されます。

補助金制度について

販売代理店を探す

ENSUS-2の販売は、本製品に関する専門知識を有している認定普及推進機関(正規販売店)が行っております。近くの販売代理店の検索はこちらから。

販売代理店検索

購入に関するお問い合わせ

ENSUS-2を使った蓄電システムの構築や製品開発をご検討中の方、自宅やオフィスに蓄電システムを導入したい方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ窓口
PAGE TOP