導入事例

非常用電源

稲敷市危機管理課

自治体における停電対策

5.3kWhの大容量リチウムイオン蓄電池と2000Wを無瞬停動作で出力する常時インバータ方式を採用する高性能無停電電源装置。

導入の背景

210324-MBC (1).jpg

自治体において、非常時における電源の確保はとても重要な問題です。昨今起きた大規模停電時には予想を遥かに超える電源の確保が必要であったため、大変苦労しました。各自治体での停電時における危機意識は高まっています。 ENSUS2の製品説明を受けたとき、自治体として抱く不安や条件を満たしていたため、導入にいたりました。

予算内であることや納入時期のできる限りの早期化が求められました。


ENSUS-2を選んだ理由

210324-MBC (2).jpg

前述の時間的な即応と対応範囲の広さを持つことが条件でした。ENSUS2は必要な要領に応じて拡張できるため、どんな場所にも無駄なく使用できることに魅力を感じていただきました。 また、非常用として準備される多くの製品は非常時まで倉庫などで保管されることが多く、いざ使おうと思っても迅速に使用できないことがあります。ENSUS2は平常時から使用していただくことを前提にした製品のため、災害時には使い慣れた製品として対応できるのが魅力です。 7~10年程の長期の使用耐性と、無瞬停かつ蓄電容量増設可能なスペックで幅広く対応できることから、危機管理上の電力バックアップとして実運用に耐えうる製品だと判断していただきました。


導入後の効果

Inashiki-S-210325.JPG
Inashiki-E-210325.jpg

納入後、「災害が起こらないことが何よりですが、非常時にも慌てることなく対応が求められる自治体にとって、蓄電池の存在はとても安心です。」という言葉をいただきました。

購入補助金制度のご案内

ENSUS-2は地球環境に資する先進環境設備として「JMAF財団」の認証を受けており、正規販売店より購入・設置いただいた場合、普及協力金として本体価格の10%(上限3万円)が購入者へ支給されます。

補助金制度について

販売代理店を探す

ENSUS-2の販売は、本製品に関する専門知識を有している認定普及推進機関(正規販売店)が行っております。近くの販売代理店の検索はこちらから。

販売代理店検索

購入に関するお問い合わせ

ENSUS-2を使った蓄電システムの構築や製品開発をご検討中の方、自宅やオフィスに蓄電システムを導入したい方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ窓口
PAGE TOP