導入事例

非常用電源

稲敷市健康増進課(稲敷市保健センター)

ワクチン保管用冷凍庫の非常用電源

5.3kWhの大容量リチウムイオン蓄電池と2000Wを無瞬停動作で出力する常時インバータ方式を採用する高性能無停電電源装置。

導入の背景

稲敷市健康増進課.jpg

同じ稲敷市の危機管理課で既に停電時非常用電源としての導入実績があり、政府主導で新型コロナワクチンの冷凍保管庫の配布計画が進行している中で、信頼できるバックアップ電源として自治体の担当責任者の方からお問い合わせいただきました。

納入時期のできる限りの早期化と、複数種ある冷凍保管庫のいずれにも対応できる性能が求められました。


ENSUS-2を選んだ理由

前述のとおり、すでに同市危機管理課において導入されていたことで、ENSUS2の性能と実績を体感されたことが大きいかと思います。 現在は冷凍保管庫用として導入させていただきましたが、7~10年程の長期の使用耐性と、無瞬停かつ蓄電容量増設可能なスペックで冷凍保管庫の非常用電源からの転用にも幅広く対応できることから、日常的かつ長期的な実運用に耐えうるとして評価されました。


導入後の効果

納入後、担当課責任者の方から「冷凍保管庫としての需要が終わったあとも、倉庫に眠ることなく日常使いできるバックアップ電源として転用できることは、予算が限られた自治体としては大変ありがたいことです」という言葉をいただきました。

購入補助金制度のご案内

ENSUS-2は地球環境に資する先進環境設備として「JMAF財団」の認証を受けており、正規販売店より購入・設置いただいた場合、普及協力金として本体価格の10%(上限3万円)が購入者へ支給されます。

補助金制度について

販売代理店を探す

ENSUS-2の販売は、本製品に関する専門知識を有している認定普及推進機関(正規販売店)が行っております。近くの販売代理店の検索はこちらから。

販売代理店検索

購入に関するお問い合わせ

ENSUS-2を使った蓄電システムの構築や製品開発をご検討中の方、自宅やオフィスに蓄電システムを導入したい方はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ窓口
PAGE TOP